ボヨヨンラーメンウマインジャー(閉店)

外観(08.11.12)

ラーメン(08.11.12)
辛いんじゃーレンジャー(08.11.12)

基本メニュー ラーメン(700円)
所在地 千葉市稲毛区長沼町330-50
ワンズモール2F  
営業時間 11:00〜22:00
定休日 不定休(ワンズモールに準ずる)
アクセス 京葉道路「穴川IC」下車。国道16号を柏・八千代方面へ。国道沿い左側。駐車場あり。
JR総武線「稲毛駅」より草野車庫行、こてはし団地行、「ワンズモール」バス停下車。



 人気タレント「かつみさゆり」プロデュースによるラーメン店。大阪で豚骨ラーメン店として営業していたが、今年閉店してしまったというニュースは記憶に新しい。それがなぜ千葉で復活なのかは知る由も無いが、麺は麺屋青山が作るなど田代グループが味などの面でバックアップしてラーメンメニューを一新している。他の5軒が居抜き?でそのまま使っているのに対して、こちらの店だけは内装が一新。ピンクの壁にピンクの椅子、シャンデリアが吊るされて鏡はハートの形をしている(^^; これは店の見た目でいきなり入りづらいなぁ。もっと普通にして入りやすくすればいいのにとも思うが、それを言ってしまってはこの店の存在自体を否定してしまうことになるわけで(^^;

 メニューは「ラーメン」(700円)「味噌ラーメン」(750円)「つけ麺」(750円)「辛いんじゃーレンジャー」(750円)「辛いんじゃーつけ麺」(800円)「ボヨヨンラーメン(ピンク)」(700円)があるようだ。「ボヨヨンラーメン(ピンク)」は麺がピンク色なのだそうだ。

 基本の「ラーメン」はいわゆる背脂ラーメンの部類に入るラーメンで、甘く煮た豚バラ肉やハクサイなどの野菜が乗る。ベースのスープは非常に軽く、カエシや具の味で食べさせるラーメン。この味わいというか雰囲気はどこかで食べたことがあるなぁと思ったが、同じく大阪の「神座」を想起させることに気付いてしまってからは神座との比較になってしまった。麺は麺屋青山だけにいい麺なのだがスープなどとのバランスを考えるとスープの弱さが際立ってしまう。またお店のオススメという「辛いんじゃーレンジャー」は、基本的にこのラーメンに辛味が加わるだけなのだが、同じ辛味を加えたお隣の「赤凌駕」に比べると単調で印象に残らない。薄っぺらい味がしてしまうのが非常に厳しい。

 札幌のゼロワン、九州の魂麺というように、こういう複合施設では地域色を強く打ち出した店の人気が高い。そういう意味では「大阪」を全面に出したラーメンなりコンセプトにしたらいいのかなとも感じた。いずれにしても味の改良は急務と言えそうだ。(Ricky)

2008.11.12