今月の一杯  

2011.1



中華そば

松戸中華そば富田食堂(松戸市松戸)

 人気店「中華蕎麦とみ田」の4号店。「雷本店」「東池袋大勝軒ROZEO」と異なるブランドを作ってきた富田氏の新しい店のコンセプトはその名の通り「食堂」。看板メニューの「中華そば」は昔ながらのラーメンをイメージしつつも、とみ田らしくワイルドに仕上げた一杯。瀬戸内産と九十九里産の2種類の煮干しがキリッと効いて、同じ瀬戸内のマルキン濃口醤油を活かした醤油ラーメン。スープには豚背脂や鶏のボンジリが溶けてコクも十分にある。麺はとみ田の麺生地と同じものを使った国産小麦100%の全粒粉ブレンド中細麺で、細いのにしっかりとした食感が楽しめる。チャーシューは注文を受けるたびにステーキパンで焼き上げる焼き目のついた香ばしいチャーシュー。チャーシュー好きにはチャーシュー増しをオススメしたい Check

お店のデータ&実食レポはこちらです
千葉拉麺ブログの記事はこちらです