今月の一杯 

2004.12


ちばき屋(船橋市本町)

 ラーメン食べ歩きを始めた頃、葛西にある「ちばき屋」は私にとってのヘビーローテーションの1軒だった。そもそも「支那そば」的ないわゆる醤油ラーメンが嫌いで、背脂、豚骨や味噌ラーメンなどを好んでいた私が、最初にはまった醤油ラーメンは今から考えるとこの店かも知れない。そして当然の事ながら、味玉フェチになったのもこの店の味玉を食べてから。言わずと知れた「半熟味玉」の元祖でもある。

 強烈な個性はない。しかし欠点もない。若い人から年輩の方にまで、お薦め出来る数少ないラーメンかと思う。麺とスープ、醤油ダレ、そして具とのバランスが秀逸。豚骨などの動物系素材のうま味も残しつつ、日本人のDNAに働きかける和のうま味もしっかりと顔を出す。店主の千葉さんは元々和食の方だが、和食としてのラーメンという出来ではなく、いい意味で「ラーメン屋」の味になっているのが嬉しい。

 「青葉」「六角家」が千葉に出来たのはもちろん嬉しい。しかし私にとっては「ちばき屋」が出来たことの嬉しさの方が数倍も上なのだ。

ちばき屋

お薦めの一杯
支那そば玉子(750円)

場所
船橋市本町7-1-1
シャポー船橋1Fラーメン横丁

電話
047-421-1810

営業時間
10:00〜24:00

定休日
無し

アクセス
JR総武線「船橋駅」下車。駅ビル「シャポー船橋」1Fラーメン横丁内


[実食レポートへ]