今月の一杯 

2003.7


らーめんかなめ(印旛郡酒々井町)

 松戸の「らーめん寺子屋」の第1期生の店である。店主の宮田さんは元鉄道マンの方で、第2の人生をラーメンに懸けると寺子屋の門を叩かれた。寺子屋の講義などを通じてお会いしていた中で、個人的な印象としては半分趣味のような形でのんびりとやられるのかなと思っていた。しかしその予想は大きく覆されることになった。宮田さんはこの半年のうちに、実に本格的な気合いの入ったオリジナリティ溢れる一杯を完成させていた。

 酒々井という地名にもあるように、古くから水がいい場所として知られ、飯沼本家甲子正宗という地酒もあるこの酒々井。その酒々井に根付いたラーメンを作りたいと、宮田さんが注目したのは「酒粕」寺子屋の師匠でもある13湯麺松井氏のアドバイスも受けながら、他のどこにもない新しい麺を作り上げた。この麺を体験するだけでも一度足を運ぶ価値はある。

らーめんかなめ

お薦めの一杯
酒粕らーめん(600円)

場所
印旛郡酒々井町中川339

電話
043-497-1660

営業時間
11:30〜14:00,18:00〜21:00

定休日
月・木

アクセス
京成線「酒々井」駅下車。駐車場あり。


[実食レポートへ]