今月の一杯 

2002.12


らあめん葫(市川市新浜)

 オープンしたのは2000年の4月。元トラックドライバーだった店主は料理の経験がなく、通りから一本奥に入ったロケーションは客の入りも悪く、何度も閉めようと思ったこともあったと聞く。しかしその実直な性格はラーメン作りにも現れ、日に日にラーメンのレベルもアップ。今では人気店の仲間入りをしつつある。

 開店の年よりちょくちょく寄らせて貰っているこの店に、限定ラーメンの話を持ちかけたのは今年の春のことだった。「俺たちはまだまだそんな限定なんて作れないですよ」といったんは断られた。しかしそれが「やってみよう!」という話になったのは、内に外にと店主をサポートする奥さんの後押しがあったと聞く。敢えて無理と思っていることに挑戦してみよう、そう言われて店主は参加を決めた。奥さんと2人で作り上げた「桜香るラーメン」は、麺に桜の花と香りを練りこみ、メレンゲで桜の花びらをイメージ。桜が風に舞う風景を丼で表現して見せた。そして終わって一言「もうこんな大変なのはこりごりです!」

 夏、つけ麺創作限定メニューの話をまた持っていった。もちろん断っても結構です、という前提で。しかし、僕は断らないと確信していた。なぜなら、桜ラーメンを作った時の店主と奥さんの笑顔はそういう一種自信すら感じさせる笑顔だったからだ。もちろん夏も素晴らしい出来映えの「夏香るつけ麺」を完成させたのは記憶に新しい。

 「限定だから、色々な食材を使って、その時限りのラーメンを作るもいいけれど、私達はいかに葫のスープを活かすか、が限定ラーメンを作る上での課題なんです」と店主夫妻は口を揃える。そして今月10日より始まる冬の陣で、また素晴らしい創作ラーメンを完成させた。その名も「粉雪香るラーメン」。通常の塩ラーメンがベースになっていて、そこに麦味噌・米味噌・鯛味噌で作った肉味噌が乗る。味噌を自分で溶かして味を作っていく味噌ラーメンだ。春には丼に桜の花の風景を作り出したが、今回はオクラとユズでクリスマスツリーを描き、その上にパルメザンチーズを振りかけて、粉雪舞うクリスマスの情景を描き出した。トマトで描いたハートも可愛らしい。

 一見ビジュアル先行の企画物ラーメンに見えてしまうが、食べてみるとその先入観は吹っ飛ぶほどの完成度。ぜひ10日からの限定味噌ラーメンを堪能して欲しい。

らあめん葫

お薦めの一杯
粉雪香るラーメン(900円)

場所
市川市新浜1-3-1

電話
なし

営業時間
11:30〜14:00,18:00〜22:30

定休日
月、第1・3火

アクセス
営団地下鉄東西線「行徳」駅下車。県道6号とは反対側(海側)へ。西友の角を右折(新浜通り)。2つ目通りを左折、右側。


[実食レポートへ]