今月の一杯 

2002.9


麺屋嘉夢蔵(松戸市稔台)

 会議室にご主人自ら投稿して頂いたお店。よく噛むように「嘉夢蔵(かむぞう)」とはふざけてんなぁ、と思ったが、とんでもなくご主人は大まじめ。しかもその真面目さがひしひしと伝わるラーメンを堪能出来るお店が登場した。このHPで話題になってまだ2週間程度だが、早くも東京のマスコミが取材依頼をしてくるなど、今後ブレイク必至の新店である。

 ご主人は体に優しい、本物だけを作った味にとことんこだわりをみせる。その結果、食材については有機農法の野菜に、種子島の黒豚、卵も有精卵を使用と実に抜かりがない。チャーシューはバラ肉の時もあるがもも肉の場合もある。それは種子島の黒豚は会員制で、少量しか手に入らないため、部位の指定まで出来ないのだとか。具として使われる緑の野菜も、その時に収穫されたものを使用するので、オクラだったりアスパラだったり。それだけ徹底していると嬉しい。麺はもちろん自家製麺。その太さ3センチという部分がどうも話題になりがちだが、普通の麺もハイレベル。さすが長年製粉会社で研究を重ね、麺を知り尽くしているだけある。

 ここ数年アメリカなどでブームになっている「スローフード」。ぱっと入ってさっと食べるというイメージのラーメンとは対極にあるこのスローフードの概念をラーメンに持ち込んだのは勇気がいることだろう。しかしご主人は、せっかくの食事はゆっくり食べて欲しい。美味しく作るには手間暇時間がかかる、という部分は絶対に譲らない。ここはゆっくりとご主人との会話を楽しみながら食べる場所である。

麺屋嘉夢蔵

お薦めの一杯
平(700円)

場所
松戸市稔台63-19

電話
070-6642-1354

営業時間
17:45〜20:00
11:45〜14:00(土日)スープ切れで終了

定休日

アクセス
新京成線「みのり台」駅下車。稔台交差点を県道松戸鎌ヶ谷線を左折(八柱方向)し50m程度進み右側路地を右折。一本目を左折し道沿い右側。


[実食レポートへ]